スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の危機と今後の行方」講演会

楽しみにしていた『ザ・フナイ』最新号が届きました。

その中に、五井野正博士が37年前に小説として書かれた『七次元よりの使者』第2巻(富士は燃ゆ)の内容が掲載されていました。現在の状況と符合する点が数多くありますのでご紹介いたします。

今週の5月4日には「日本の危機と今後の行方」をテーマに五井野正博士を含む6名の講師陣による講演会が東京の日比谷で開催されます。

月間『ザ・フナイ』は主要都市の大きな書店でも販売されています。前もって読んでいただけると講演会の内容もすんなり入ってくると思いますので五井野博士ファンの方には購読をお勧めします。


月間『ザ・フナイ』2013年5月号vol.68より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日(こんにち)を予見した『七次元よりの使者』の小説

…ところで、今回のニュートンの原稿は少々難しい面もあったと思うので、骨休みに37年前に出版した私の『七次元よりの使者』第2巻(写真7)の小説の一部分を改めて読んで頂きたい。と言うのも、その当時はやや難解だったかもしれないが、今においては日本の現実と相似している状況なので、私の原稿をずっと読んでくれたザ・フナイ読者なら、ここに来て、やっと私の小説の真意を味わうことが出来ると思うからである。

そこでまず、第2部”富士は燃ゆ”の小説のあらすじをここに簡単に述べてみると、時代の設定は熱い夏が続き、地震や火山噴火が異常に増え、富士山に異変が起きてUFOが飛び交う状況の中で、長い経済不況を脱出するために地震などの災害対策大型事業に政治生命をかけた一人の野心家の政治家が動き出す。以下は87ページ5行目より、

時には日本はジワジワと地震問題が騒がれ始めたばかりであった。ゆえにその対策はと問えば各省庁も一本化せず対策の前に予算をと政府の出方を待つといった具合であったから上木氏の行動は政界内でも目立っていた。

しかし、傍目の議員には地震問題はまだ国家の重要問題とも感じておらず、そうした上木氏の目立った行動は国土庁高官に新任になったからだろうと軽く受け止められていただけであった。

むしろ、彼は国土庁高官になるまでは目立たない小心家の様に周りから見られていたからなおさらであった。だが彼はいつの間にか野心家に変わっていったのだった。

人間は一生の中に一回は夢に燃えるものだ。慎重な人間はじっとへびの様に自分のチャンスを待ちいざ自分のパートを捉えたら時としてそのパートを通り越してでも野心家に変心する場合が多い。上木氏も又そうであった。

「列島改造論?いやいや違う。皆さん方を災害から守る事こそこれからの国土庁の歩みだ。国土庁が歩兵となって後に建設省・自治省等の各省庁がついてくればいいんだ。

今、我々の敵は自然だ。自然こそ我々に容赦なく災害をもたらす。それを守るのは誰だ?私が守ると言った者が一人でもおるか?ええー。誰もいないじゃないか!それならよし俺が守ってやろう!俺の一生をかけて皆さん方の生活の安全を守ってやろうじゃないか!そう私が決意したのです。どうか皆さん方、私の約束を覚えていて欲しい。上木又次郎、必ずやその約束を果たしてみせようじゃないか!」

場内は興奮の拍手で埋まっていた。上木氏の顔面はこの日の為に作られたかの様であった。彼自身、一神になった如く自分の演説に有頂天になっていた。

彼の野心は地震災害の危ある各地に次々と講演会を開かせたのである。国土庁高官という肩書きを最大に生かして。

「お宅の会社の直下型地震耐久用の建築技術は素晴らしい。今度、こういう法案が通ったらお宅に有利だと思うんだが・・・・・・。」

上木氏のこの様な会話は又別な所でも語られた。

「五メートル以上のビルの窓には法令で破砕ガラス等を強制的に義務づける事も考えている。地震が起きたら空からガラス破片が雨の様に降ってきたら大変だからな。だから法案が通ったらお宅の会社は膨大な利益を得る事になると思うが・・・・・・」

上木氏は財界に太いパイプラインを作りあげると共に各地を廻って地元の有力者達と密接な関係を計り、政界の中にジワジワと頭角を現し始めていた。当然多くの資金が必要であった。

と、小説のように耐震大型事業政策が進めらている今日の日本の姿に似てくるが、この小説に登場する野心家の上木代議士に対抗して中野代議士が新都市計画論をぶつける。新都市計画論はやがて首都移転論に変わってゆく・・・・・・以下は97ページ4行目から、

「しかし、安藤さん。十年も待っていられませんよ。富士は燃えるんですよ。」
「何・・・・・・富士が燃える?本当かよ大ちゃん!」
「ハハハハハ。そういう筋書きでこれから始まるんですよ。実際富士山が噴火したら困りますがね。どっちにしても東京は過密都市だ。野党が東京都を抑えているような現状じゃ改造計画は困難だ。

そこで中野先生に新都市計画論を発表させてそのイメージを売り付けるんです。各界の専門家達を先に集めて懇談会を開く。時に乗ればマスコミも取り上げる。導火線となるのは富士山噴火論だ。

世論が騒ぎ始めれば総理府から金を出させる。マスメディアを使っての総合プロジェクトだ。だから今の内に御用学者を手中に入れておく事。それも権威ある人間よりも人気がある人間だ」

「人気があるだけじゃ信用がないんじゃなかなあ」

「いや、今は戦後です。もう戦後教育を受けた人が過半数を超えているんです。彼等は権威とは何かということを知っているのです。これからの日本を考える時、もう年よりの考え方は聞いていられないのが現実です。

彼等は過去の日本に生きている人達ばかりですから。それに老人は保守的です。彼等はもう固定した支持者を持っているから票にはなりません。第一、体質から言って新都市計画論に支持するのは資本や固定した家を持たない若者達を原動力としなければ出来ない計画です」

「そりゃそうだ。喜ぶのは不動産や建築屋ばかりじゃないからな」

「そうです。それで若い代議士からその事を提案して呼びかけてゆくヒーローを作る事が第二の仕事です」

「これは革命的だな」

「そうそう。若者自体が革命者なんです。もう野党のポーズも飽きられます。そりゃ、前は右党は老人ばかりを相手にしたから野党が若者受けの政策や主張を取り入れて革新のイメージを作りましたが今は時代が違う。右党も若者の主張をどんどん取り入れている。

もう若者を労働者だけとしてみず、購買者として評価しているし、それに今まで日本は貧乏すぎて輸出オンリーで若者達を過小評価し過ぎた。

しかし、今は輸出輸入とも国際舞台の第一線に日本は立っている。語学でも国際感覚という点でももう若者の力に全面的に頼る時代になっている。その是正がもう試される時代なんです。

だから若者の夢と希望を与えるビジョンをどんどん作って次の日本を作るしかない。それが出来ないのはもう政治家として失格です」


と、ドラマは続くが、この文章も何となく今の状況を表している感じがしてくるだろう。富士山噴火論の本も書店にズラリと並ぶ今日、NHKを始め、マスメディアが一斉に噴火したように富士山の異変や噴火対策に騒ぎ出している感がする。
そして、以下の文はニュートン連載原稿をずっと読んでくれた読者なら面白がって理解してくれるだろう。以下90ページ4行目より、

重力の力は一プラス一は二とはならない。重力に限らず自然界にはこの計算通りの答えになるのはあまり見当たらない。あくまでもこの数字は人間が考えた概念である。

プレート理論の欠点は地球上が計算された重力で均一になっているという点で考えプレート(板)の横の力しか考えていない事である。ではその力はどこからかと問うとマグマが地下から押し上げる力が横に拡がるからだと答える。

では何故マグマが押し上がってくるのだと問えば地殻の中で原子崩壊が行われその熱がマントル対流を行わせて地表面に弱い部分を突き抜けて地表面に表れると説明する。一般に信じられている科学者達の意見だ。

だがこの科学者達の意見というのが曲者だ。科学者達は保守的で一つの考え方を支持する時、政治家と同じ様な生態を示す。それは必ず権威者というボスがいてそれが派閥を作り以下全員右倣えであるからだ。これは後進国程顕著である。

忘れてはならないのはあの偉大なニュートン先生は物が落ちる、何故だと考えて重力の力を発見したと説明されている事だ。だが何も科学者だけでなく私達もこの言葉に右倣えする必要はない。

つまり正しくは物が落ちる、これを何と説明しよう、そう重力と説明しようとただ科学史上に重力という言葉の単語を増やしただけのことである。

ニュートンが近代科学の礎となった貢献者という評価とは別な事であある。彼にとって偉大なのは自然の姿を数字で表した事である。将に偉大である。”引力は質量に比例し距離の二乗に反比例する”たったこれだけのアイディアで宇宙を数字で表し後世の人達が狂信的に支持した事もまた偉大である。

だがもっと偉大なのはあの無限とも言える宇宙の実態をこんな単純な概念で実在している大自然の方が偉大である。何と人間に対して寛大なんであろうか。

しかし、幸か不幸か、このニュートン先生のおかげで物理学もしくは天文学は哲学から離れて数学者の手に渡ったのである。それまではこの分野を研究する人は哲学者であり詩人であり宗教家でもあったのである。

そして、アインシュタインが非ユークリッド幾何学という将に数学が数学を生んだとも言えるリーマン幾何学を用いて重力理論を表した時、もはや詩や哲学で捉えるロマンチスト族には物理学という神聖な場所は手にも触れさせなかったのである。

あれは何座?ああ処女座よと見上げる夜空も今は星のかわりに数字が飾られスモッグに覆われりゃ星の観察もアベックでプラネタリュウムで事足りるという世の中。そう私達にとっては星はただ光っているに過ぎないのである。

古代の人間達は星を毎日観察して運命を占った。彼等らにとって星は変化する物、人間に運命と時を知らせる物であった。そう現代の科学ではニュートン神話が崩れない限り星と地震という関連性は考えられないであろう。

話は始めに戻すが最初の仮説、地球の核は原子崩壊をして燃えているという仮説。本当にそうなのだろうか?しかも原子崩壊しかエネルギー源を考え出せないのだろうか?

小学校で教えられる事は物が燃えるのには酸素が必要という事。確かに家庭生活の中ではこれで十分であろう。しかし、社会生活となるとこれでは不十分。これを高校では酸素がなくてもフッ素でも塩素でも燃えると別な概念で教える。

今まで教えられた事とは答えが違うのだ。この為、驚く。化学とは高等で難しい学問なのだと。しかし、これを学ばない人間は間違った考え方をしていると暗に自分を正しい答えを持つ者と高めてゆく。だが二度ある事は三度ある。この概念だってもっと高度な概念で又ひっくり返る恐れがあるのだ。

つまり現代ではこれ以上の概念は化学の範囲でなく物理学の範囲でこの間は境となって原子崩壊の物理学エネルギー・石炭・石油の化学的エネルギーが便宜上分けられているがその中間のエネルギーがないとも断定出来ないし、さらに別の概念のエネルギーもないとは断定出来ないのである。

早い話がスプーンが曲がる事は今の科学も曲がる事でスプーンに外界から化学的作用、つまり溶かすとか腐食させるとかの作用を与えないで、ただ曲がれ曲がれと意識を与えただけで曲がる事は断じて神聖なる科学の前にて起こってはならない現象なのだ。

だがスプーンに捉われて忘れている物がないだろうか?そう、ニュートン先生が作った重力という単語だ。ニュートン先生がスプーン曲げを見てこれは重力という力に依るものだと発言したらこれこそ本物の重力の発見になるのだ。そう”引力は質量に比例し、距離の二乗に反比例する”という重力はどこにも存在しないのだ。

そうこんな夢物語を考えてみよう。スプーンを曲げるのは小さい小さい、僕ならもっとでかいことをする。日本列島を曲げてやるぞと言って日本列島に重力を掛けたとする。

すると真中に重心が移動してゆく。さらに重力が掛かる為に真中にエネルギーとして集積されるが当然日本列島はどちらかに曲がる。

弓なりに始めると力は出っ張った方に掛かる。そう日本列島は太平洋に向かってどんどん進むのだ。アジア大陸と離れて。しかもエネルギー帯は細長い日本列島の真中を走って縦の真中で十文字に分かれ、出張った方に向かう。そう大島の三原山そして鳥島火山島と言った火山帯の方向だ。

だがエネルギーがそのまま運動エネルギーとして太平洋に向かうなら良いが残念な事に太平洋プレート地帯というものがどっこいありここで両者がぶつかる。

この力は何処へ行く。当然上か下に行く。将にこの地帯ではエネルギーは上下運動を行っているのである。

しかも、もしこのエネルギーが岩質を溶かして二酸化珪素の多い安山岩になると非常に粘性が高く動きにくくなる。その為に間を置いて大爆発を起こす。当然これは断層網に向かって直下型地震になる。

これを何回も続けると、いやそれでなくても関東の部分はどんどん太平洋に突き出してゆくのであるから、その震源地に近づいて行く事を意味し亀裂がどんどん拡がってゆく。その亀裂の部分に当った地帯は直下型地震の被害を受ける事になる。

そして多エネルギーマグマが亀裂部分を通して地表面に近くなればなる程粘性が強くなって爆発性が強くなってくる。それは三原山の爆発性噴火、強い直下型の地震、そして富士山へと飛火してゆくのである。

長い時間の間には日本列島はフォサマグナの線で二つに折れる。そこに住む人間にとっては大変な問題だがスプーン曲げの様に日本列島がただ曲がっただけの事だ。

地球という大きな玉から見れば我々が住んでいるプレートは頭のフケに近い表皮の様なもんである。

そう、富士山の高さであっても0.05ミリにも満たない。そんな中で人間様は偉いんだぞと威張っている。地球を遠くで覗いたら日本列島の分裂の姿も細胞の中の染色体の分裂の様に神秘だあと感じるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・・・・

”こいつは一体何者だろう?大ちゃんが俺に会えと言ったのも理由がわかる。こんな発想をするのはただの人間じゃない。この名前も恐らくペンネームだろう。こいつは完全に今の学者達に挑戦している。いや嘗めているんだ。そういう異端派でいうと・・・・・・”

タバコを手にしたまま考え込む安藤氏はこの本の題名と内容が常識から言って奇妙に違うのを何か意図的な事として受けとめていた。そう彼自身も科学者らしくない科学者の道を歩んで来た異端者であったがそれだけにこんな本に出会ったケースは初めてであった。

”今まで古典力学をモノサシの様にして様々な現象を研究してきた。しかし、モノサシ自身を考えた事はなかったなあ。奴は空想家か?”

という内容でした。当時は重力の問題や直下型地震、太平洋プレートも理解されていない時代だった。

そこで、私は高校時代から重力ではなく、電磁力だと言い続けてきたから、科学論文は無理と考えSF小説としてこの問題に取り組んだ。

ザ・フナイの読者ならもうお分かりだと思うが、上述の文章で重力を電磁力と直せば電磁力で地震を起こしながら日本列島を曲げ、富士山を噴火させる・・・・・・。

すなわち、単なる冗談の話ではなく、HAARP(ハープ)などを使えば可能となることが理解できると思う。

それゆえ、37年前の『七次元よりの使者』の小説で危惧する問題を、冗談を交えてスンナリと読めるまでつなげることができたという気持ちです。

そして、第2巻の次は東京脱出の第3巻に移るのか、はたまた、いきなり地球の地軸が傾く第0巻に進むかは日本国民の姿勢次第であろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



読んでいただくとわかるように、すでに37年前に現代の危惧されている状況を小説の中に表しています。この内容が読者にすんなりわかるようにと五井野博士は『ザ・フナイ』に膨大な原稿を掘り下げて連載し続けてきたわけです。

当時は重力ではなく電磁力ということを述べても理解されないと考え、SF小説という形をとりながら地震が起きるメカニズムや政治、経済、教育等の問題点など幅広い分野に触れられています。

文章で書けることには限界がありますので、この先を考えている方は先ず講演会に参加されてみてはいかがでしょうか。

危機的な時代には100人の秀才を集めて時間をかけるよりも1人の天才に次々とスピーディーに対応策を出してもらうことが求められます。



↓応援ポチをよろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。