スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽系軌道の真実

太陽系の軌道に関して何か良い動画がないかと探していたら面白い動画が見つかりました。




最初の20秒に出てくるのが従来教わってきた動きです。その後の映像が本来の動きです。銀河系内を周回する太陽系の回転速度は秒速220km/s前後、銀河系を1周するのに約2億2500万~2億5000万年かかるとされています。

教科書では静止している太陽の周りを惑星が回転するように教わりましたが、実際には猛スピードで移動する太陽に惑星が螺旋状に周りながら追いかけていくイメージです。こちらのほうが現実に近いのでしょうね。

この動きはニュートンの理論では説明できないのは明かで、教科書に固執するとそこで思考がストップしてしまいます。大切なのは机上のみで計算することではなく実際の動きを知って考え方を変えていくことだと思います。その意味でも実験や観測は大事ですね。

実はこの動きは、五井野正博士が月間『ザ・フナイ』にも書かれていますが、DNAの螺旋のようにも見えますし、不思議なことに自然界の基本の形にもなっていてとても興味深いです。

それにしても中学生時代から、すでにこの動きを想像していた五井野博士は本当にすごいです。

明日はいよいよ講演会です。天気が崩れるようですので、参加される方は気をつけて会場に足をお運びください。



↓応援ポチをよろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。