スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化の真相2

グリーンランドの氷が溶けている件と地球温暖化について、五井野正博士の見解の続きです。(申し訳ありません。図が若干違っています)

以下、『あおぽ』vol.829より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グリーンランドの氷床が年々溶けているというのは事実です。しかし、それは夏場だけの話です。
つまり、図1を見てください。

図1 海氷面積の変化(JAXA北極圏海氷モニターより)

この図は今年(2012年)8月8日時点の北極海の海表面積の大きさをグラフにしたものです。
1980年代から夏場において10年単位で海氷面積の大きさを見ると、どんどん小さくなっていることがわかります。ところが、冬場を見てください。1980年代から北極海の海氷面積は少しも変わりません。地球温暖化が進んでいるならば、冬場の海氷面積も夏場と同じようにどんどん小さくなっていくはずです。

ですから、夏場のグリーンランドの氷床や北極海の海氷がどんどん溶けているからと言ってそれで地球が温暖化していると考えるのはまだ早い結論です。

そこで、まず5億4000万年前から今日までの気候の変化を100万年単位にしたグラフ図2を見てみましょう。

図2 ウィキペディア 氷河期より

この図2からわかるように、多くの科学者は、今は氷河期の寒い時期「氷期」が終わって、次の「氷期」に移る前の氷期と氷期の間の「間氷期」つまり、ほんのささやかな暖かい気候の時代と考えています。

そこで、今度は5億年ではなく、もっと近い30万年前から現在までの気温温度の変化を図3で見てみましょう。

図3((http://www.skepticalscience.comより。ちょっと違いますが。現在は8度ほど氷河期から暖かくなっていることがわかります)

図3の右側が現在ですが、3万年前頃から気温が8度から16〜17度に向けて急激に上がり、それから、ここ1万年前から気温が急激に下がっている途中であるのがわかると思います。

地球は暖かくなったり、寒くなったりしながら長い時間で見ると地球は寒冷化しているという訳ですね。ここ最近、日本の夏が暑い気がしますが、地球温暖化と関係してないのでしょうか?

地球が温暖化しているというより、図1でもわかる通り、北極海の夏が温暖化しているのです。特に今年の夏は異常です。写真1は今年の7月8日(左)のグリーンランドの氷床を写したNASAの衛星写真ですが、4日後の7月12日の写真(右)ではほとんど消えてしまったというマジック現象が起きました。

写真 グリーンランド、全域で急激に融解(wiredより)

つまり、氷床が溶けた面積がたった4日間で全体の40%から97%になってしまったということです。この現象は炭酸ガスによる地球温暖化説では説明できませんNASAはグリーンランド上空の高気圧のせいにしています

というのも次号で説明しますが、北極圏上空になる熱圏の崩壊が原因なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


グリーンランドの氷床が溶ける割合が40%から97%とわずか4日間で急激に上昇した原因は一体何でしょう?炭酸ガス(CO2)が原因ではなさそうです。ではなぜ政府やマスコミはCO2による地球温暖化説を唱えるのでしょう。次回に続きます。

(続く)

地球温暖化の真相3

↓応援ポチをよろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。