スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『科学から芸術へ』記念講演会2

記念講演会の続きです。数式の話から、出世曲線と実力線の話になります。

それでは以下に掲載いたします。

『科学から芸術へ』より


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ところでこの論文の最後の方になると、公式や数字や文字記号などが出てきますが、こういうものが出てくると、女性にとって何かこう、難しいように思われますが”a”なんか別にイロハの”イ”でもいいですし、アイウエオの”ア”でもいいんです。

小学校の昔でいうと □+□=10 というのがあります。で、□に何の数字を入れますかというと、いろんな数字を入れることができます

そういう一つの□です。それを数字で言えば代数といって”a”とか”b”とか別に何でも良いわけです。”m”も同じです。

ただ物理学ではこの F=ma の”a”に加速度のイメージを与えていますし、”m”に質量のイメージを、”F”には力のイメージを与えているだけなんです

このような数学は大学を出た人にとっては、今さらと思うでしょうけれども、実際、社会に出て加速度とか、こういうことは何に役立つのかというと、役に立たないわけです。これを私なりに説明しておきます。

図1


こういう線があります(図−1参照)

日本ではレールの上を走るという、いわゆる等速運動と言いますが…。

普通、私のようにこの間、名誉博士になって、今度はアカデミシャンだと…。
こう言うといい加減じゃないかと…。日本人ならそう思うと思います
次々にもらうと妬ましい、羨ましいとか、なんだとか、色々な考えが有ると思います

これは日本では年功序列といって、段々地位が上がって行くんですけれども、1年、2年、3年、4年、5年、6年といって年を重ねていれば出世していくという等直線なんです。

途中チョットでも『ヒュー』っと上に上がれば、叩かれて『ポトン』と落ちるわけです。

図2


と言うわけで、(図−2参照)こちらの線をyとして、この線①を y=ax とすると”a”というのは代数でよく使われます。

この場合の F=ma の ”a”と、この y=ax の”a”とは代数という意味では同じですが、こちらの F=ma の”a”は『加速度』という意味を込めています。

一方、y=ax の”a”はただのabcの”a”なのですが、別にイロハのイでもいいのです。

この様な出世曲線①というのが有るわけですが、私の場合は②の曲線で、1年ごとにスーッと急激に上がって行くわけです。

日本では急激に出世すると、出世レールから外れたと言われてしまいます。

つまり地位というのは実力ではなくて、年功序列で上がっていくもんなのだと君みたいにこんなに上がってはいけないと言うわけです

この場合、数学的にいうと、この等速曲線①(出世曲線)を y=ax とし、②の曲線は別に y=ax2(二乗)でも良いのですが、ともかく二乗して次元が上がっているわけです

ですからこの線②を実力線といい、一方等速運動の場合は時間的、自動的にただ上がって行くだけです。

実力線②の場合は、自分自身に上昇する力がなくては上がって行かないのです。

ですから、出世曲線①の場合は、y=ax ですが、実力線②の場合 y=ax2(二乗)と二乗され、出世曲線①より一次元上がっているのです

そうすると、出世曲線①の場合は常に同じスピードでしか上がって行きませんが、実力線②の場合は少しずつ加速度がついてどんどん上昇して行きます

このように次元が上がる時に加速度が必要になります

この加速度というのが”a”です。”F”は力”m”を『私』とすると、『私』の加速度(F=ma)は『力』がなくてはダメなのです。

実力がなければ加速度を持つことは出来ません出世曲線①の場合は別に実力なんていらないのです。ただ一つのレールの上を走っていれば良いのです。そう思っていただければ、F=ma も少し解ってくるかと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


この後、講演会は万有引力の法則から『妬みの法則』に話が移ります。


(続く)


↓応援ポチをよろしくお願いいたします。おかげさまで少しずつランキングが上がってきました。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。