スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五井野正博士は詐欺師なのか?3

サーテインキューなる人物がブログやtwittter等で五井野正博士の批判を辞めずに続けているわけですが、

彼のブログの中で、博士が駐日アルメニア共和国名誉領事になったことは一度もないということを書いています。
1995年12月に発刊された博士の著書『科学から芸術へ』の表紙に「駐日アルメニア共和国名誉領事」と書かれてるのを見て彼は、先月の6月22日に駐日アルメニア共和国大使館・総領事館に電話したそうです。

私「ちょっと伺いたいのですが、五井野正という人物が、【科学から芸術へ】という本で、駐日アルメニア共和国名誉領事と名のっているのですが、本当ですか?」と聴いた。
すると
アルメニア領事館の男性「その人物は前からアルメニア名誉領事と名のっているが、1度もアルメニア名誉領事になったことはありません」とかなり強い言葉で答えた。やっぱり、それも嘘だったのか!と私は五井野の嘘をまたも確認したのだ。


と彼のブログに書いています。

なったことがないと言われれば、単純にそう考える人もいるかもしれませんが、常識的に考えて、本を受章記念で出版するのにトップページに嘘を書く必要があるのですか?と言うことです。

では、なぜ名誉領事に任命されたのにもかかわらず実際に名誉領事になれなかったのか?という背後関係を知る必要があります。

下記リンク先の五井野博士の経歴を見ていくと

http://www.avis.ne.jp/~wippii/keireki.html

1980年代から、「ふる里村文化の会」を発足し都会から地方へという流れをつくっています。
1985年頃から、北斎など浮世絵の研究をされています。その後、浮世絵と印象派の関係を日本各地で講演し、浮世絵の素晴らしさを全国、世界へ伝える活動を行います。

そこから世界中の学校に本物の浮世絵を1枚、合計10,000 枚を寄贈すると言う壮大な計画「ジャポニスム、ルネッサンス運動」がはじまり、世界各国の学校に浮世絵を寄贈するとともに各地で展示会も開催していきます。

そういった文化的な交流の流れで、1995年9月21日にアルメニア大統領の招聘を受けて、アルメニア共和国の在日本名誉領事に任命されたということです。

秋田の市民新聞「あおぽ」の記事によると

http://www.aopo.net/goino/vol531-g.html

以下「あおぽ」より引用します。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

外務省の妨害の背後にはアルメニア名誉領事問題が!

事の始まりは五井野氏が参加するならば外務省は協力しないというところから出発したと言える。では何故外務省は執拗に五井野氏を排除しようとするのか?!

それはあおぽでも前にお知らせしたように五井野氏は平成7年9月にアルメニア大統領から在日アルメニア領事の任命を受けた。そしてアルメニア外務省から日本外務省に五井野氏の名誉領事承諾とアルメニア領事館の設立の要請の公式文書が出された。

事前の話し合いでは一ヵ月半位で日本側が承諾するという話であった。しかし、この話に某宗教団体が外務省のメンバーを使って妨害を行うだけでなく、五井野氏の名誉を棄損する虚偽の作り話を流した。

一年たってアルメニア大統領は日本の某宗教団体が政治力を使って妨害していることを知り、ロシアのエリツィン大統領(当時)に相談した。エリツィン大統領はこの某宗教団体の名前をオウム真理教と同等のカルトとして認識し、宗教法改正まで行った。

それから11年が経ち、未だにアルメニア共和国は日本と国交回復が出来ず、大使館も領事館も設置されないままなのだ。(筆者注.あおぽ掲載は2006年です。外務省のサイトによると2010年7月13日に在日アルメニア大使館が設置されましたが、アルメニアでは日本の在ロシア大使館が、在アルメニア大使館を兼轄しているようです)

それゆえ某宗教団体の影響を受けた日本外務省の一部のメンバーは、五井野氏の国際的な活動に対して毎度のように中傷あるいは妨害的な行為を行っていると言うのだ。あおぽが知っている範囲でも今までどれだけの非人道的な妨害が五井野氏に対して行われてきたか、その事実が世界に知らされたなら世界はアッと驚くに違いない。

それにしても某宗教団体の意向を強く受けるマスコミは何も知ろうとはしないし、また記事も書こうと努力しない。それによってどれだけの国益を失ったかは想像も出来ないことだろう・・・・あおぽだけは断じて違うぞ!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


上記記事によると五井野正博士はアルメニア共和国名誉領事に任命はされたが、それを阻止するよう妨害行為が行われたというのが実情のようです。

つまり任命はされたが妨害により正式にアルメニア共和国名誉領事になれなかったため、サーテインキュー氏が大使館の人からこのような回答を受けたのだと思います。決して、アルメニア共和国名誉領事に任命されていないということではありません。


このように日本が世界に影響を与えた浮世絵を使って各国と平和的な文化交流をされているのが五井野正博士です

次回の講演会は2週間後の7月29日(日)に北海道札幌市で開催されます。

補足:アルメニア共和国国立科学アカデミーへのリンクです。
http://www.sci.am/members.php?mid=292&langid=1

youtubeに動画がアップされています。
五井野正博士が、米国で開催されたアルメニア世界医学学会での招待講演で、アルメニア名誉領事就任の妨害の事実を米国民と米国在住アルメニア人に公表された一部です。

五井野正博士の動画



↓応援ポチをよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

はじめまして

つまり「アルメニア大使館も領事館も設置されないまま」
なので、そこに電話して訊いた という事自体が嘘になる、という
ことでしょうか?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。