スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五井野正博士の中学生時代1

五井野正博士は小学4年の時に担任の教師が答えを出さずに「大人になったらわかる」と言ったことがきっかけで、中学時代は授業中は先生の話をきかず、図書館から借りてきた本を読みあさっていたようです。それでは秋田のフリーペーパー「あおぽ」さんに掲載されていた、五井野博士の中学時代のエピソードを紹介します。

以下「あおぽ」vol.360より

Q:中学生の時はどんな本を読んでいたのですか。

ともかく僕は一番難しいものしか興味がない。だから学校で一番難しい本を全部読むという性格でしょうね。そこで、2〜3冊くらい借りて全部読んでいましたね。

特にガモフ全集はおもしろくて、おかげで物理学が得意になった。その中で新しい理論としてアインシュタインの相対性理論が紹介されているんですね。今は一般的ですが、当時はまだ知らない人が多かった。その相対的な考え方を色々な考え方に応用しましたね。

Q:どういうふうにですか。

例えば、相対性理論を分かりやすく言えば、乗っている電車から外を見たときに自分は動いてないと思えば、外の景色の方が動いて見えるでしょう。

それを相対性というのですが、私はそれをさらに応用して、例えば自分が黄色いメガネをしていれば白の色は黄色に、黄色の色は白に見えてしまう為に、

同じように自分の考え方に偏見があったり、先入観があったりすると、相手が純粋な人だと、逆にその人は偏見を持っているとか自分が考えているような人に見えてしまうという事です。

Q:考えてみると本当にそうですよね。でも、それって恐ろしいことだと思います。

そうです。だから、私は中学生の時から人を偏見や先入観で見ないようにして、それが教科書だろうと、そのまま信じないで良く考えて読むようにしているのです

Q:えー、教科書もですか。

はい、そうです。
確か中学1年の弁論大会でも権力者によって歴史は書き換えられ、教科書も変わる。だから今の教育は今の政治家が悪くなるから悪くなると言ったと思うんです。

Q:そういう事は今の大人でもなかなか言えない事ですが。


中学生にして、相対性理論をこのように理解しているとはすごいです。しかも人との関係にまで拡げて考えるとは思慮深いといいますか、本質を深く理解しているということですね。弁論大会の内容も聞いてみたいところです。が、1960年代の話ですので、録画などされてないでしょうね。


(続く)


↓応援ポチを押していただきありがとうございます。

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。