スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月18日 五井野正博士秋田講演会

昨日、8月18日に秋田市で開催されました五井野正博士の講演会がですが、秋田の市民新聞『あおぽ』を楽しみに購読している五井野博士ファンの方が多いだけあって700名以上もの人が集まったようです。

滝沢泰平さんのブログ「天下泰平」にさっそく講演内容がアップされていますので、ご紹介いたします。

講演会のテーマは「宇宙の本当の姿と異常気象」で、首都圏で開催されている内容とはまた違ったレベルでのお話となったようです。

にわかに信じがたい内容もありますが、表に出すとパニックになるような情報は一般の人々には知らされることはありませんし、知らないところでいろいろなことが行われているようです。

火星に水はない→水が存在していた証跡があった→水がある可能性がある

このように、今後も情報は小出しに出てくると思われます。

同じ太陽系にある星ということで考えると、水はあるでしょうし、水があれば空気もあるという考え方になると思いますが…、残念ながら教科書でそうは教えられないために、頭にある知識がブロックしてしまい信じることができない人も多いかと思います。

最近では、民間で火星への永住計画を打ち出して話題になっていますが、そもそも水も空気もないところに永住しようという発想にはならないと思います。

1年前から熱圏崩壊によって、夏は猛暑か局地的な豪雨になると月間『ザ・フナイ』にの五井野博士の記事が連載されていましたが、今、まさにそのような状況になってきています。

地震、火山、猛暑、大雨以外にも大規模な太陽フレアが地球側に来た時にどうなるか?という問題もあり、長期間停電になったり、電子機器が使用できなくなることも考えられます。

国や行政の対策を待っていると手遅れになりますので、意識のある人たちが協力仕合って出来ることから準備を始めていくしかありません。

と言いましても、仕事や家庭があり今すぐ動けない方のために、「一般社団法人 人権擁護安全保障連盟」では、首都圏の方のための脱出ルートや避難場所の確保、新しく信州で立ち上げられた「農業生産法人 株式会社百姓百笑」では、安全な食料の確保を現実的に進めています。

趣旨に賛同される方は、ぜひ、ご入会いただき避難先と食料の確保をされることをお勧めします。

今まで私たち人類が何も考えずに引き起こしてきた様々な問題が総決算されるような状況が近づいてきました。もう小説の中の話ではなく現実的に目の前に危機が訪れています。

↓応援ポチをよろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

五位野先生のつぶやき

五位野先生の秋田講演を拝聴しました。
五位野がぼそっとつぶやいた、
『あいつら、電離層に穴開けやがった』という言葉が耳から離れません。
会場にいたどれほどの方々が講演の内容を理解されていたのかは分かりませんが、戦慄の内容だったと思います。
秋田の方々は、毎週発行されるフリーペーパーで五位野先生のインタビュー記事を読めるのですから、本当に幸せです。
願わくば、目覚めてください。

「あおぽ」の記事について

mag-shinさん、コメントありがとうございます。
秋田での講演会にご参加されたんですね。
秋田の方々は「あおぽ」で五井野博士のインタビュー記事が読めるので、本当に幸せですね。
きっと五井野博士もその方々に合わせた講演をされたことと思います。

「あおぽ」のホームページでは五井野博士の過去記事が掲載されていますので、ぜひご覧になってください。
http://www.aopo.net/goino/goino-tadashi.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。