スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日 五井野正博士東京講演会に参加して1

5月4日に東京で開催されました「日本の危機と今後の行方」をテーマにした6名の講師による講演会に参加してきました。

会場の日比谷公会堂にはゴールデンウィークにもかかわらず2000名もの人が集まり、会場の外まで長い列をつくっている光景に驚きましたが、これだけ多くの方が日本の行く末に関心を持っていることに少しホッとしました。

滝沢泰平さんがブログで書かれているとおり、講演者に対する誹謗中傷や嫌がらせがあり、講演予定の高山 長房氏は急遽参加をを取りやめることとなりましたが、講演会は何事も無く無事に終了しました。

ケンヂ一派と“ともだち”

<重要>5月4日のイベントについてのお知らせ


多くの方がすでにブログで講演会の感想を書かれていますが、バレンタインデーさんのブログ「アメジスト紫峰の輝き」に上手くまとめられているので参考になるかと思います。
☆五井野博士の話☆

その他の感想はこちら
五井野正博士講演会の感想

残念なことに五井野博士が今までの活動を御自身で紹介されることを自慢話と感じる方がいるようですが、これは受け手側の問題になるかと思います。

聴講する人がアカデミーや五井野博士の立場がわからないために、博士が御自身で写真や資料を通して、現在どういう立場にいるのかを最初に時間をかけて説明されます。

というのも日本の場合は特に肩書きで人を判断する方が多いため、アカデミーというのが日本の大学レベルよりはるかに高いレベルであるということをまず理解してもらわないと、長年の洗脳に邪魔されて頭が受け付けない場合が多いからです。

教科書で学んで来た人ほど教科書外の話になると受け入れられなかったり、学歴で相手を判断したりする傾向があるので、講演会に来られる方に予備知識があればいいのですが、初めて参加される方が多い場合には本題に入る前にどうしても時間がかかってしまいます。

それでも、絶妙な感じで話はスムーズにどこからでも繋がっていくのですが…

今回は特に講演会の内容をそのまま本として出版されるというお話もあり、余計に言葉を慎重に選んで講演されているように感じました。

『ザ・フナイ』読者には物足りなかったかもしれませんが、実は重要なことをかなりお話されています。今回は講演時間も短いため、さらっとではありますが...

さらに深く知り、共感して行動に移したい方は、ぜひ一般社団法人 人権擁護安全保障連盟に御入会いただき、信州での講演会に参加されることをおすすめいたします。

(続く)


↓応援ポチをよろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。